名刺管理なら、簡単安心のTantCard(タントカード)で名刺データを一括管理。一番安全な名刺管理を考える

  1. ホーム
  2. TantCard 2
  3. スマートフォンでの利用

スマートフォンでの利用

『TantCard for iPhone』『TantCard for Android』 は、『TantCard 2』から出力した名刺データを管理するためのスマートフォン専用アプリケーションです。
『TantCard 2』で管理している名刺データをスマートフォンにインポートし、いつでもどこでも名刺データを利用することができます。

『TantCard for iPhone』はApp Storeより、『TantCard for Android』はGoogle Playより無料ダウンロードすることができます。

TantCard for iPhone - Shimoda OA System Corporation  TantCard for Android - Shimoda OA System Corporation
  iPhone

※ OCR機能はついていません。
※ TantCardアプリ動作画面は、iPhoneのスクリーンショットを使用しています。



名刺データの簡単検索

名刺のデータは、名前・会社名・キーワードなどで簡単に検索することができます。また、検索データは名前順の表示・会社順の表示の切り替えが可能です。

 

各種アプリ連携機能

インポートした名刺データより、電話発信をしたり、各アプリと連携してメール・Skype・住所(Googleマップ)を操作することができます。
また、ブラウザと連携してURLを表示したり、会社名でキーワード検索することができます。

会社名をブラウザで検索

会社名をキーワードにWEB検索を行い、検索結果をブラウザで表示します。
   
   
URLをブラウザで表示

URLのホームページをブラウザで表示します。
   
   
電話発信

電話番号で電話を発信します。
発信した電話番号はTantCardアプリとスマートフォンの両方に発信履歴が残ります。

※電話発信は通話機能を持つ機種のみ使用可能です。
   
   
メール送信

メールアプリの宛先へメールアドレスを転送します。
   
   
Skype連携

Skypeアプリを起動します。

※Skypeアプリがインストールされている必要があります。
   
   
Googleマップ表示

住所をGoogleマップで表示します。


ブックマーク機能

よく使う名刺データをブックマークに登録し、ブックマーク一覧から素早く名刺データにアクセスできます。


発信履歴

TantCardアプリから発信された日付・時間・電話番号・相手先が『発信履歴』に残ります。  


スマートフォン連絡先へのエクスポート

「TantCard for iPhone」「TantCard for Android」の連絡先データをスマートフォンの連絡先に登録することができます。

一括エクスポート

TantCardアプリ上の名刺のデータを、スマートフォンの「連絡先」へ一括でエクスポートすることができます。
   
   
個別エクスポート

『TantCard for iPhone』の「連絡先」から個別にエクスポートすることができます。

※『TantCard for Android』では使用できません。


動作環境

  iPhone Android
オペレーティングシステム iOS 7.0以降が必要 Android 4.0以降のブラウザ(Chrome推奨)
対象ハードウェア iPhone、iPod touch および iPad 互換 Android OS 搭載デバイス
言語 日本語 日本語

PAGE TOP