名刺管理は、簡単安心のTantCard(タントカード)で名刺データを一括管理。オンプレミスサーバーで最も安全な名刺管理をご提案

  1. ホーム
  2. 事例のご案内

事例のご案内

導入事例

「TantCard Gulliver」をご導入いただいた企業様をご紹介いたします。
実際に名刺管理システムをどのように利用して頂いているか、ユーザー様の生の声をお聞きください。


部品メーカー A社

役員様の名刺を秘書が管理しやすいシステムを希望。名刺付加情報を自由にカスタマイズ。接待管理としても利用したい。

大切なお客様の趣味趣向、好きなお酒、苦手な食材、以前食事したレストランの管理など細かく時系列で記録できました。役員の会食指示や大切な方への贈り物選びにも即座に対応出来るようになりました。

製薬会社 B社

名刺管理システム導入要望が高まった中、社員数も数千人規模では運用が難しいとの話。営業社員も多忙なので自分で名刺を登録するのは難しいと考える。

グループ内の特例子会社が名刺データの登録業務を請け負いました。営業社員はデータ登録の手間も省力化できて大変助かっています。また、名刺データは安全なグループ内のネットワークにあるので安心です。

IT企業 C社

100人で某クラウド名刺管理を利用しているが、月額50万円の利用料を支払い年間600万円となる。名刺管理にお金を使いすぎと役員から指摘受けていた。

TantCard Gulliverに乗り換えました(自社サーバーで運用)。初期費用は250万円でランニングコストなし。大幅なコストダウンに成功しました。データの移行も画像以外は問題なく引き継げたので上司からもお褒めの言葉を頂きました。

IT企業 D社

今まで名刺データはエクセルで管理。新しい名刺と古い名刺が混在するのが悩み。

エクセルデータをコンバートしてGulliverに取込みました。その後、新しく取込んだ名刺は重複判定で新しい名刺が表示されました。会社情報も新たにクリーニングされ情報配信もスムーズに行えました。

飲料メーカー E社

6,000人が利用できる名刺管理が希望。企業ポリシーでクラウドはNG。認証サーバーとの連携が望ましい。

アクティブディレクトリとの連携でユーザー認証を実現しました。現在は2,000ライセンスで運用中。段階を踏んで範囲を拡大していく計画です。

中古車オークション会社 F社

中古車実販売会社を個々に名刺管理したい

販売会社を名刺管理でグループ化することで一元管理が実現しました。リアルオークションデータを各販売会社の担当者と情報共有が可能に。

化粧品メーカー G社

百貨店の担当者を前任者も含めて時系列で管理したい。問合せ等の確認の為。

名前の違う名刺を束ね(名刺のマージ)、担当窓口を時系列で管理できるようになりました。要望通り、誰でも以前の担当者を把握できるようになりました。

PAGE TOP